芦野温泉

image

 みなさん、こんばんは。

今日は朝から日帰り温泉に行ってきました。場所は栃木県那須町にある芦野温泉http://www.asinoonsen.co.jp/です。
ここはテレビなどでも頻繁に紹介されている人気の温泉宿です。ご存じの方も多いかと思いますが、先日のエチカの鏡でも紹介されていました。
 基本的にお年寄りがゆっくりくつろげるスペースを目指しているということで、小学生未満の利用はできません。行ってみると本当に中年以上しかいません。
 当社の会長は月に1度くらい利用しており、足の調子が悪い私を連れて行ってくれました。感謝です。

image

 日帰り温泉は1日1500円です。朝8時から夜の9時まで利用可能です。大きな休憩場所兼食事場所もありますが、午前中にはイッパイなってしまいました。それと16時からは630円で利用できるので、近い人であれば16時から利用して夕食を摂って帰るというパターンも出来るかと思います。更にすごいのは食べ物・飲み物の持ち込みが可能なところです。昔の湯治場ですから、多分この食事を提供するキッチンの方が後から出来たのかもしれません。
 
 ココの売りはなんと言っても「薬湯」です。那岐の湯をいうこの薬湯、本当に「那岐=泣き」だと思い知らされます。この画像は、お風呂に持ち込んだコンデジでこっそり撮りました。色々刺激的な薬草がはいっています。そこに入ると全身の毛穴からしみます。特に男性は自分の「ムスコ」がヒリヒリとしみます。入っていると我慢比べです。普段は足を閉じていることなんかありませんが、まるでミニスカートをはいている女性のごとく足を閉じ、太ももに挟んでガードしないと我慢できず入っていられませんでした。要は唐辛子風呂に入っている感じだと言えば想像がつくかと思います。

image

 折角来たので、しっかりと10分X3セットを3回、セット間の休憩を5分として入ってきました。入れば入るほど、腕などもしみるようになります。でもこれで足の痛みが和らげばと必死です。
ここの温泉に湯治に来た高齢者の方々は、
来る前は杖が必要だったのに帰りに杖が必要なくなって置いて帰ってしまうことも多い温泉なんです。これがその薬湯「那岐の湯」なんです。勿論日帰りで完全復活出来るとは思っていませんが、少しは快方に向かってくれると信じて・・・
 それが温泉を後にして5〜6時間ほど経ちますがなかり痛みが薄れています。完全に無くなってはいませんが、大分いい気がします。明日はもう少し良くなっているかもしれませんね。
那須は自然がイッパイです。帰りの駐車場で荷物を積み込んでいる際に、足下を歩いていたクワガタの♀です。たぶんノコメス?だと思うんですが。クワガタの♀は結構長生きなので、かわいそうですが娘にお土産にしちゃいました。

2010年8月1日 22時21分 日記 コメント0件 トラックバック0件

Trackback URL
http://blog.iqpack.co.jp//trackback.php/4152127d038720af3db0e0c5cb5b6653/32255
Comment
名前
タイトル
URL
コメント

 
profile
筆者
有限会社 アイキューパック
ホームページ
topics
calendar
<前月 2014年6月 翌月>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
recent_entry
recent_comment
archive
category
RSS
XML